MENU
XPRESS Web
16531基本情報太陽電池の仕組み

太陽電池の仕組み

太陽電池の仕組み

名称未設定-2_02

現在もっとも普及している太陽電池は、シリコン系の太陽電池です。これは、電気的な性質の異なるn型とp型の2種類の半導体を重ねあわせた構造をしています。太陽電池に太陽の光が当たることで、電子(-)と正孔(+)が発生し、電子(-)はn型半導体へ、正孔(+)はp型半導体側へ引き寄せられます。このため、表面と裏面につけた電極に、電球やモーターのような負荷を繋ぐと電流が流れ出します。