MENU
XPRESS Web
17378基本情報みんなが知りたい太陽光発電のギモン2

みんなが知りたい太陽光発電のギモン2

太陽光発電システムってどんなもの?
お客様からいただきました太陽光発電システムのギモンにお答えします。

男性3

 

Q.曇りの日や雨の日は発電しないの?

A.日射量が少なくなるため、発電量は晴れの日と比べ低下します。
太陽電池モジュールは、曇りや雨の日でも太陽光雨3が照射していれば発電します。日射量には太陽から直接届く直達光と、大気や雲に散乱されて到達する散乱光という2つの成分があり、散乱光は太陽がさえぎられても地表に届きます。つまり、太陽光電池モジュールにも光が届くので、発電量がゼロになるわけではありません。

 

Q.影がかかるとまったく発電しなくなる?

A.発電量は低下しますが、薄い影であれば発電します。
薄い影(建物、樹木、電柱等の影)の場合、発電量は低下しますがゼロにはなりません。全体に影がかかった場合でも散乱光により、通常の約10~40%程度発電することがあります。

 

Q.雪が積もっていても壊れませんか?

A.発電することはできませんが簡単に壊れることはありません。
 雪 家建築基準法施行令第86条第3項にて、地域ごとに定められた垂直積雪量の規定を満たすように設置されているので、簡単に壊れることはありませんが、雪が積もり太陽電池モジュールが完全に覆われてしまうと、発電ができなくなってしまいます。また、太陽電池モジュールは、表面が滑らかなガラスで覆われているので、通常の屋根よりも雪が滑り落ちやすいため、落雪にも十分に注意が必要です。

 

【取付希望】のお客様はコチラ