MENU
XPRESS Web
10605家庭用(住宅用)家庭用(住宅用)太陽光発電のメンテナンス

家庭用(住宅用)太陽光発電のメンテナンス

 

 

 

太陽電池モジュールの耐用年数は20年以上とされていますが、太陽光発電システムは太洋光電池モジュールの他にも、パワーコンディショナ、接続箱などの様々な機器で構成されているため、20年以上不具合や故障が発生しないという訳ではありません。定期的にメンテナンスを行うことでより太陽光発電システムを長持ちさせることができます。また、不具合や故障などの異常を放置したままにすると発電量の低下や寿命を縮めることになり、最悪の場合、発熱や漏電から火災につながることもあります。

 

いつメンテナンスを依頼するの?

太陽光発電システムを既に設置されているお客様はもちろんのこと、これから太陽光発電システムを設置するお客様も設置と同時にお申し込みいただけます。

 

メンテナンスってどんなことをするの?

メンテナンスの専門家が実際にお客様のお宅へ伺い、見た目だけでは分からない太陽電池モジュールや架台の状態、パワーコンディショナなどの機器の破損や腐食などシステム全体を安全に長期運用いただけるよう検査をします。検査した箇所に不具合や故障があれば修理、改善を行います。

 

 

システムの異常はどうやって見つけるの?

「昨年同月の発電量との比較」、「販売店から事前に提出されるシミュレーション値との比較」により、発電量低下などの異常に気付けることもあります。ですが、本当に問題ないかお客様自身では判断がつかないため、定期的なメンテナンスをする必要があるのです。だからといって、ご自身でメンテナンスを行うことは、危険をともないますので絶対にやめてください。必ずメンテナンスの専門業者にご依頼ください。

 

 

 

 

長期安定稼働のXSOLメンテナンスについてはコチラ