MENU

長期安定稼働のためのメンテナンス

XSOLメンテナンス

「監視・対応」「定期点検」「修理・交換」で長期安定稼働をサポート。

豊富な実績に基づく充実したメニューを、
お客様のニーズにあわせてカスタマイズ

当社のメンテナンスは、住宅用から低圧・高圧産業用と規模を選ばず対応いたします。また、定期点検、駆付け・遠隔監視、修理といったメニューを、お客様のニーズにあわせて自由に組み合わせていただけます。発電量の低下につながるモジュールの汚れの洗浄や、周辺の除草など、オプションメニューもご用意しています。

メンテナンスについて

「太陽光発電≠メンテナンスフリー」、
なぜメンテナンスが必要なのか?

  

太陽光発電はメンテナンスフリーというイメージがいまだ根強くありますが、永久に故障しない電化製品が存在しないように、モジュールやパワーコンディショナも多くの不具合事例が発生しています。XSOLメンテナンスは、太陽光発電の不具合を未然に防ぎ、発生時も早期に発見・対応・解決するサービスで、お客様の太陽光発電ビジネスをサポートしています。

出典:「太陽光発電システムの不具合事例ファイル」日刊工業新聞社刊(2010年)

※「トラブル履歴あり(166件)」を母数として算出しています。1件に複数のトラブルが含まれるため、合計値は166件を超えます。

よくあるトラブル

他社が建設した太陽光発電所のメンテナンスも承ります

 

他社が建設した太陽光発電所のメンテナンスもお受けいたします。ご依頼の際には、発電所がベストな状態であることを確認させていただくため、太陽光発電所に使われている機器や施工状況、不具合の有無などを調査し、問題箇所があれば補修などを行った上で、メンテナンス契約をスタートしています。

メンテナンスメニュー

発電ストップと、売電機会ロスを防ぐために

XSOLメンテナンスは、定期点検、駆付け・遠隔監視、修理といったメニューを、お客様のニーズにあわせて自由に組み合わせていただけます。

定期点検

万全の状態をキープする点検サービス

収集したデータだけでは抽出・判別できないトラブルも数多く存在します。エクソルでは、メンテナンスの専門家が実際に発電所へ足を運び、システム全体の検査・調査を目視で行うことで、モジュールの破損やパワコンの不具合などが起きていないかを確認し、長期安定稼働をサポートします。

データを収集して異常が
ないかを調べる

目視に加え、専用機器による様々な測定で継続的にシステムのデータを収集し、トラブルを早期発見します。

IR測定(赤外線撮影)で
ホットスポットを発見

サーモグラフィによる熱分布測定で、モジュールのホットスポットをはじめ、パワコン端子やケーブルの異常箇所を発見します。

磁界測定

より詳細な測定で異常箇所を発見する「磁界測定」もご用意しています。

IV カーブ測定(継続測定)

Ⅳカーブの測定データを保管管理し、過去のデータとの比較を行いながら、システムの異常や経年劣化を確認します。

モジュールの汚れや損傷を
確認

飛来物の衝突等によって、機器やモジュールが破損することがあるため、現場で目視し、直接確認を行います。

パワーコンディショナや
集電盤を確認

パワコンのトラブルの一つである配線トラブルや端子の緩みも現場で確認するほか、フィルターの目詰まりも解消します。

駆付け・遠隔監視

異常・故障発生時の駆付け・遠隔監視

太陽光発電システムに異常や不具合が発生した場合、現地に赴き原因の調査を行います。全国に拠点を持つエクソルならではの迅速な対応が可能です。また、インターネットでの遠隔監視システムをご契約の場合、エクソルがお客様に代わって発電量や稼働状態を常時モニタリングいたします。

緊急時の診断と応急処置

太陽光発電所に担当者が赴き、異常や不具合の原因を診断します。また、被害拡大を防ぐための応急措置をします。

インターネットでのモニタリングを実施

遠隔監視システムを利用し、インターネットによるリアルタイムの情報を取得。システムが常時、発電量と稼働状態のモニタリングをします。

修 理

部品の交換や機器異常の早期復旧

システムに故障や損傷が起きた時は、部品の交換や機器の調整を行います。EPC事業者のメリットを最大限に活かし、部品の調達にも早期対応します。また、離れた場所にある現場であっても、遠隔サポートで本社の専門家が作業を的確に指示し、作業の品質を保ちます。

部品を素早く取り寄せ早期復旧

万が一、システムに故障が発生し、部品の交換が必要になった場合、部品手配にも即対応し、早期解決を実現します。

遠隔サポートで現場作業を的確に指示

遠隔地でも作業状況をモニタリングでサポートし、作業品質を保ちます。

オプションメニュー

除草

洗浄

EL検査

架台の点検

太陽光発電所の除草や、モジュールの洗浄、目には見えないセルの劣化などを検知するEL検査も承っております。他にも、設置後数年が経過した太陽光発電所の地盤の調査、屋根置きを含む架台の点検(ネジの緩みや基準風速に耐えうるかの診断)など、安全な太陽光発電所を維持するための様々なサービスを提供しています。太陽光発電システムの保守、点検について、エクソルまでお気軽にご相談ください。

よくあるトラブル

太陽光発電設置後に起こる様々なトラブルに備え、
定期的なチェック、早期発見を

太陽光発電のトラブルは、自然災害もあれば、漏電や製品の故障といった技術的なものまで様々です。トラブルに気づかず、発電量の低下を見過ごしてしまうことは、長期間の売電機会ロスに直結してしまいます。

鳥の糞などにより影が長い時間一点に集中すると、セルが熱を持ち、セルの焼損につながってしまいます(ホットスポット)。短期間ならそれほど問題ではないため、定期的な洗浄で防ぐことができます。

端子の緩みや接続部のショート、ケーブルの破損などにより、漏電が起こります。太陽光発電は発電時に高圧電流が流れているため、放置した結果、火災の原因となったケースも報告されています。

発電所の近くに落雷した場合、膨大な電気エネルギーが電源ケーブルやアースケーブルなどを伝わってしまいます。規格を遙かに超える電圧がパワコンにかかり、故障・破損させることがあります。

何らかの飛来物によって、パワコンが破損したり、セルにヒビが入ったりすることが、発電量低下の原因となることもあります。定期的にシステムを点検することで、早期発見・解決が可能です。

エアコンなどと同じように、埃などによってパワコンの換気フィルターが目詰まりすると、内部の温度が上昇し、出力低下の原因となります。パワコンの定期的なメンテナンスで未然に防ぐことができます。

太陽光発電システムは工業製品であり、経年劣化は必ず起こります。特にパワコンは太陽光発電の心臓部であり、24時間稼働する精密機器でもあるため、予期しない故障が発生するケースもあります。

XSOLメンテナンスは、太陽光発電の不具合を未然に防ぎ、発生時も早期に発見・対応・解決するサービスで、お客様の太陽光発電ビジネスをサポートしています。

*継続的な開発および改善などにより、製品・サービスの仕様は予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。