MENU
XPRESS Web
7054 低圧連系

低圧連系

発電設備等の一設置者当たりの電力容量が、原則として50kW未満の発電設備が連系できる区分。

よって、50kW未満の太陽光発電システムであれば、住宅用設備と同じ低圧連系の範囲で設置できるため、電気主任技術者の選任が不要、大規模太陽光発電施設を設置する際に必要な各種手続きが簡易なため、事業検討から受給契約までの過程が短く早期に売電を開始できる。

今、太陽光発電業界では、公共産業用50kW未満システムが増加している。