MENU
XPRESS Web
6939 グリーン・ニューディール

グリーン・ニューディール

自然エネルギーの活用をはじめとした地球環境への投資により、雇用の創出など経済危機からの回復を狙う政策。

大恐慌時にフランクリン・ルーズベルト(第32代米国大統領)が打ち出したニューディール政策になぞらえ、バラク・オバマ(第44代米国大統領)が2008年に提唱。再生可能エネルギーの利用、スマートグリッド、電気自動車の普及などにより、低炭素社会を実現し、環境問題と経済回復を同時に進めることを目的とする。