MENU
住宅用太陽光発電システム 「2019年問題」について

「2019年問題」について

2019年問題とは

2009年、国が住宅用太陽光発電システムで発電して余った電力を10年間買い取る「余剰電力買取制度(現・固定価格買取制度、FIT)」が始まり、09年から設置したユーザーだけでなく、08年以前から設置していたユーザーも対象に含まれました。
それらのユーザーの10年間の売電期間が2019年に終了して「FITを卒業する(卒FIT)」件数が、2019年11月、12月だけで約53万件いるという状況を指して「2019年問題」と言われています。

【FITを卒業する住宅用太陽光発電の推移(年別)】

2019_fit

何が“問題”なのか

それでは何が“問題”なのかと言うと、まず、FITによる売電期間が終わるので、「相対取引となり、自らで売り先を探して契約を行う必要がある」こと。そして売電価格が、48円/kWh※1から8~10円/kWh※2程度まで低下するため、「毎月得られていた売電収入が低下する」こと。このようなことが“問題”とされています。

2019年で売電期間が終了するユーザー以外には、2019年問題は関係ありません。しかし、買取期間の終了は、すべてのユーザーに訪れるので全くの無関係ということではありません。

  1. 2009年度、2010年度の住宅用太陽光の売電単価。
  2. 予想値であり、実際の売電単価とは異なる場合があります。

2019年問題のポイント

2019問題への“解答”とは

2019年問題への“解答”はユーザーの考え方によって異なりますが、「余った電気の売り先、売り方を考える」、「発電した電気を有効に使う方法を考える」といったことを考えることが必要になります。

2019年問題“解答”の具体的な内容について


蓄電池の設置を検討する

つくった電気をためて使う、電気代の安い時間帯の電気をためて使うなど、暮らしに合わせた活用方法で、電気代の節約につながります。
また、一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)が、北海道胆振東部地震によって発生した大規模停電に際し、太陽光発電を活用できたかを調査するアンケートでは、蓄電池の設置者からは「近所が真っ暗な中、自宅のみが電気がついていた」、「普段と同じ生活ができた」との声が寄せられたように、防災対策にも効果的です。

※画像はイメージです。実際に動作する機器を保証するものではありません。

蓄電池のイメージ

蓄電ハイブリッドシステム EIBS(アイビス)

蓄電ハイブリッドシステムEIBS

日中につくった電力を充電し、太陽光発電が停止する日没後にためた電力を使用して購入する電力量の削減が期待できる「節エネモード」など、暮らしに合わせた使い方ができます。
  • 電力の自給自足で快適エコライフ
  • 万が一の停電でも電気が使えるから安心
  • 1日2サイクルの充放電で蓄電池をより活用

製品の詳細はコチラ

問い合わせはコチラ


HEMSの設置、エコキュートの設置・買替を検討する

HEMSやエコキュートを新たに設置するのはもちろん、エコキュートは10年が交換時期の目安とも言われており、既に設置している方でも買い替えることで、省エネ効果がより高まることが期待できます。
HEMSは「Home Energy Management System(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」の略で、エアコンやエコキュートなどの家電を専用機器でつないで、モニターやスマートフォンなどで使用状況を確認したり、節電を指示することができる装置です。
また、現在のエコキュートは、深夜電力を活用するだけでなく、HEMSを活かして天気予報や過去の太陽光発電量実績をもとに、翌日分のお湯の沸き上げを太陽光発電の電力で行うか自動で判断するなど高機能化しています。


HEMSのイメージ

家電を「見える化」するHEMS

HEMSは、エネルギー計測ユニットと情報収集ユニット、各家電を無線または有線LANでつなぐシステムです。スマートフォンなどのアプリで、家電の運転状況の確認や操作ができます。

HEMS機器

省エネ効果の高いエコキュート

最新型のエコキュートは、日中につくった電力をエコキュートに利用して購入電力量を減らすことができます。つまり、本来は8~10円/kWh※1程度で売る電気によって、約19円/kWh※2で購入する電力量を減らすことができます。

エコキュート

  1. 予想値であり、実際の売電単価とは異なる場合があります。
  2. 東京電力エナジーパートナー、従量電灯Bプランの第1段階料金の場合。

HEMS・エコキュートに関するお問い合わせはコチラ


各電力会社等への売電プランを比較する

卒FITの方向けの電力買取メニューが大手電力会社から少しずつ発表されていますが、具体的な買取価格やプランなどのメニューは、2019年4月~6月頃までに発表される予定となっています。この大手電力会社による買取価格は8~10円/kWh程度になると予想されています。

また、大手電力会社以外にも「新電力(小売り電気事業者)」と呼ばれる事業者に売電することもできます。既に発表している新電力もありますが、各新電力の具体的なメニューは大手電力会社の具体的なメニューが発表された後に、順次発表されていくものと考えられます。

電力プランスケジュール

また、大手電力会社を始め、売電することができる電気事業者の一覧とプランに関する情報をまとめましたので、以下のボタンからご覧ください。


2019年問題をもっと詳しく調べる

ここまで、2019年問題の概要についてご説明しましたが、「もっと詳しく知りたい」、「リーフレット、チラシが欲しい」という方は、一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)、資源エネルギー庁などのホームページでも2019年問題についての説明やリーフレット、チラシが公開されていますので、ご覧になられてはいかがでしょうか。

一般社団法人太陽光発電協会「『固定価格での買取期間満了』についての告知ツール作成について」(外部サイト)資源エネルギー庁「どうする?ソーラー」(外部サイト)


エクソルは国内で唯一の太陽光発電の総合企業です

2001年の設立以来「太陽光発電の総合企業」として全国で事業を展開しています。住宅用から産業用まであらゆる太陽光発電システムの設計、建設、稼働後のメンテナンスまで一貫して行うことができるワンストップソリューションで、太陽光発電所の長期安定稼働を実現します。

一般社団法人太陽光発電協会の幹事会社を務め、外務省のホームページにて「気候変動対策をリードする日本の企業」として紹介いただいています。

ブランドイメージ_吉川晃司

お問い合わせ

お問い合わせの際、お預かりするお客様の個人情報は、
弊社のプライバシーポリシーに従って適正にお取り扱いいたします。

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ