MENU

出力制御による売電収入の損失分を補償「XSOL出力制御補償」

出力制御による売電収入の損失分を補償

XSOL出力制御補償

計画的な太陽光発電導入をサポート

出力制御ルールとは

2015年1月26日、再生可能エネルギー特別措置法が改正され、新たな「出力制御ルール」の運用が始まりました。新たな出力制御ルールには無補償での出力制御の上限を、従来の日数単位(30日/年)から時間単位(360時間/年)とする「360時間ルール」と、指定電力事業者である電力会社に対する接続申込み量が接続可能量を超えた場合、電力会社は360時間を超えても無補償で出力制御を要請できる「指定ルール」の2つがあります。このルールは電力会社、設備規模によって適用区分が異なります。

*出力制御ルールの適用区分は各電力会社のルールに準じます。

補償概要

弊社が販売した太陽光発電システムについて、電力会社の出力制御によって生じた売電収入損失金額の補償を行います。

対象システム容量 10kW未満 10kW以上、50kW未満 50kW以上、2MW未満
補償期間 設置完了日より10年間 設置完了日より20年間 設置完了日より15年間
補償内容

下記の免責時間を超えた場合にのみ、出力制御によって生じた、売電収入の損失分を補償します。

補償額=調達価格※1×{出力制御時間※2×(稼働率※3-制御率※4)-免責時間}×パワーコンディショナの定格出力

免責時間※5 年間20時間 年間100時間
補償対象
  • 弊社が指定した部材で、弊社または弊社設計ソフトにて設計し、販売した、電力会社からの遠隔制御が可能な通信機器を有する出力制御システムを完備した日本国内に設置された2MW未満の太陽光発電システム
  • 50kW未満のシステムについては、これに加え弊社のシステム保証書が発行されているシステム

*蓄電ハイブリッドシステムまたは蓄電池を用いたシステムは、本補償の対象外となります。

補償を受ける際の
必要事項
  • XSOL出力制御補償 補償金算定依頼書
  • 電力会社が発行する出力制御が行われたことを証明する書面
  • 弊社が発行する「XSOL出力制御補償書」(本書)
  • 調達価格が証明できる電力会社から発行される書類や明細書
  • その他、弊社が求める証憑書類または証拠書類等
補償対象外
  • 電収入の損失が、故障や不具合、修理、メンテナンス、保全などに起因する場合
  • 売電収入の損失が、自然災害や盗難、公害などに起因する場合
  • 売電収入の損失が、電力会社の出力制御を除く、システム所有者および第三者による故意または偶発的な停止に起因する場合
  • 電力会社との通信異常等、出力制御システムの異常により生じた発電量の低下による損失分
  • その他出力制御以外の様々な要因により生じた発電量の低下による損失分
対象エリア エリアの限定なし
  1. 経済産業省が定めた一般電気事業者の買取価格で、お客様が接続契約をした時の1kWhあたりの金額
  2. 電力会社がパワーコンディショナに対して、出力制御をかけた時間。
  3. パワーコンディショ ナの定格出力に対する、出力制御がかけられた間のパワーコンディショナの実発電力の比率(%)
  4. 電力会社がパワーコンディショナに対して、出力制御をかけた際の出力上限値(%)。
  5. パワーコンディショナ定格出力100%の場合の100時間相当分≒総年間発電量の10%相当分。10kW未満のシステムについては、自家消費分を考慮し定めています。

XSOL出力制御補償額シミュレーション
(10kW以上、50kW未満の例)

  • ・総出力制御時間:300時間/年間
  • ・調達価格:18円
  • ・制御率: 0%(300時間にかかった制御率)
  • ・パワコン定格出力:49.5kW

201908_XSOL_outout-2

  • 制御率に変動があった場合、日々の「出力制御時間×(稼働率-制御率)」の累積から免責時間を引いた時間を補償対象時間とします。上記、発電シミュレーションの調達価格は平成30年度に事業計画の認定を受けた場合のものです。
  • 他の方法で金銭的に補てんがなされた場合は、補償対象外とさせていただきます。

*継続的な開発および改善などにより、製品・サービスの仕様は予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。