MENU

出力制御による売電収入の損失分を補償「XSOL出力制御補償」

出力制御による売電収入の損失分を補償

XSOL出力制御補償

計画的な太陽光発電導入をサポート

出力制御ルールとは

2015年1月26日、再生可能エネルギー特別措置法が改正され、新たな「出力制御ルール」の運用が始まりました。新たな出力制御ルールには無補償での出力制御の上限を、従来の日数単位(30日/年)から時間単位(360時間/年)とする「360時間ルール」と、指定電力事業者である電力会社に対する接続申込み量が接続可能量を超えた場合、電力会社は360時間を超えても無補償で出力制御を要請できる「指定ルール」の2つがあります。このルールは電力会社、設備規模によって適用区分が異なります。

出力制御ルールの適用区分

電力会社/規模 10kW未満 10kW以上、50kW未満 50kW以上
東京・中部・関西電力 出力制御対象外 360時間ルール
北陸・中国・沖縄電力 360時間ルール。ただし、接続可能量超過後に接続申込みをしたと認められる案件からは指定ルール
北海道・東北・四国・九州電力 指定ルール

補償概要

お客様に補償料負担をいただくことなく、出力制御によって生じた売電収入の損失を補償しますので、万が一出力制御が適用された場合でもご安心いただけます。※1

対象システム容量 10kW未満 10kW以上、50kW未満 50kW以上、2MW未満
補償期間 設置完了日より10年間 設置完了日より20年間 設置完了日より15年間
補償内容※2 下記の免責時間※3を超えた出力制御によって生じた、売電収入の損失分を補償
補償額=調達価格※4×(出力制御時間×制御率※5−免責時間)×パワーコンディショナの定格出力
免責時間 年間20時間 年間100時間
補償対象 エクソルが設計し、「XSOL保証」または「XSOLプレミアム保証」の認定を受け、当社指定の太陽電池モジュールを使用している太陽光発電システム 当社指定の太陽電池モジュールを使用し、かつXSOL推奨パワーコンディショナを使用している太陽光発電システム
補償対象外
  • 故障や不具合、修理、メンテナンス、保全などによる停止
  • 自然災害や盗難、公害などによる停止
  • 電力会社の出力制御を除く、所有者および第三者による故意または偶発的な停止
  • その他出力制御以外の様々な要因により起きた発電量の低下による損失分
対象エリア エリアの限定なし
  1. XSOL出力制御補償には既定の申請書によるお申し込みが必要です。
  2. 年間の制御時間が分かる証明書が必要です。
  3. 総務省統計局のデータベースを基に、当社の定める基準により算出します。
  4. 経済産業省が定めた一般電気事業者の買取価格で、お客様が接続契約をした時の1kWhあたりの金額とします。
  5. 電力会社がパワーコンディショナに対して制御をかける比率です。

XSOL出力制御補償額シミュレーション
(10kW以上、50kW未満の例)

補償額シミュレーション以下の太陽光発電システムの場合

  • ・総出力制御時間:300時間/年間
  • ・調達価格:24円
  • ・制御率: 80%(300時間にかかった制御率)
  • ・パワコン定格出力:49.5kW
  • 制御率に変動があった場合、日々の「出力制御時間×制御率」の累積から免責時間を引いた時間を補償対象時間とします。

*継続的な開発および改善などにより、製品・サービスの仕様は予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。