MENU
製品・サービス 製品ラインアップ X-3(エックススリー)

X-3(エックススリー)

陸屋根専用置き基礎架台エックススリー

自由なレイアウトで方角にも影響されにくい

X-3とは

「X-3」は、戸建住宅や集合住宅、ビル、コンビニエンスストア、工場などに最適な「置くだけ設置」の陸屋専用架台です。3度という低角度により、太陽電池モジュールを設置する方角を気にする必要がありません。屋根に合わせた自在なレイアウトで、スペースの最大活用(発電量の最大化)を可能にします。


屋根に穴をあけない、外観を損なわない

置き基礎架台のため、屋根に穴を空けずに設置することができます。防水層を傷つけないので雨漏りの心配がなく、屋根の防水保証が切れる心配もありません。 また、設置時の太陽電池モジュールの角度は3度で、高さは23.1cm以下の低角度・低背構造なので、地上から見えにくく、建物の外観を損ないません。

X3_Construction


設置角度3度とさざ波設置

太陽電池モジュールの設置角度が「3度」という水平に近い角度のため、アレイ間の影を気にせず、間隔をつめて設置することができます。また、太陽光の入射角度による発電量の変化がほとんどなく、建物の立地方位による影響を気にする必要がありません。そのためレイアウトが自在でスペースを最大活用できるので、屋根面積あたりの発電量を高めることができます。

X3_capacity


部材点数の少ないシンプル設計

X-3は部材点数を当社従来製品より28%削減。レールを使わないシンプルな設計のためで、トータルコストを削減しながら施工性をアップしています。当社オリジナルの「インサートロック方式」を採用し、モジュールフレームの固定用長穴を支柱金具の突起部が保持しながら、押え金具でフレームを支持金具に固定することで、モジュール同士の締結をさらに強固にしました。この方式により、一般的な押え金具方式と比べ、耐荷重性能が大幅に向上しています。

X-3_insert


強化施工と増強化施工で設置範囲拡大

X-3には、標準施工、強化施工、増強化施工の3段階の施工方法があります。垂直積雪量99cm以下の地域の場合、強化施工であれば設置高さ31m、風速40m/sの地域にも設置ができます。増強化施工ならば、垂直積雪量100cm ~ 130cm以下の地域にも設置が可能です。


製品仕様

屋根のタイプ 陸屋根(専用)
対応屋根勾配 1/30(2度未満)以下
モジュール設置角 3度(固定)
地表面粗度区分 II、III
設置基準風速と設置高さ 下記の表による
垂直積雪量 130cm以内(増強化施工時。他条件があります)
設置不可条件

以下の条件の場所や状態には設置できません。

地上設置/海水が直接かかる場所/陸屋根以外の屋根/勾配が2度以上の屋根/
1/100(0.573度)以上の不陸がある場所/ 防水処理が劣化した屋根

【以下の症状がある屋根】
コンクリートや目地がひび割れしている/室内で雨漏りが発生している/
雑草など、植物が生えている/ 防水層の表面に剥がれ、亀裂がある/
防水層が膨らんでいる/防水シートの浮きや波うちがある

対応モジュール 以下のXSOL製モジュール
・XLM120 Sシリーズ
・XLM60 X・S・Lシリーズ
・60セル XLKT・XLJKシーズ
・XLM144 Sシリーズ※1
現場調達部材

平板コンクリートブロック
・標準施工/強化施工
W300×D300×H60mm(JIS A 5371準拠)
・増強化施工
W300×D600×H60㎜(JIS A 5371準拠)


【表】設置基準風速と設置可能高さ※1

(基準風速:設計用基準風速/設置高さ:地面から陸屋根までの高さ)

X3_standard1

X3_standard2

X3_standard3

X3_standard4

X3_standard5

※1 XLM144Sシリーズの場合、設置基準風速と設置可能高さが【表】とは異なります。詳しくはお問い合わせください。

*継続的な開発および改善などにより、製品・サービスの仕様は予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。

関連製品・サービス