MENU
ニュース 【“水切り加工”が発電量低下を抑える「XLM50-250X」販売開始】のご案内

ニュース

2017年12月28日 プレスリリース

【“水切り加工”が発電量低下を抑える「XLM50-250X」販売開始】のご案内

 当社はこの度、表面に付着した汚れの一部を、雨水と共に排出して発電量の低下を抑える「水切り加工」を施し、当社ブランド製品では初となる50 セルサイズの単結晶太陽電池モジュール「XLM50-250X」の販売を開始します。

 

news_250X_top

※画像はイメージです。一部、実際の製品とは異なる箇所があります。

製品のねらい

 「多くの発電量を確保したい」というユーザーニーズに応えるためには、「限られた屋根スペースの有効活用」が課題の一つです。この度、発売を開始する「XLM50-250X」は、当社ブランドの太陽電池モジュールには無かった50 セルサイズになります。新たなラインアップの展開により、お客様の屋根形状に応じた、より最適なご提案が可能になります。
 また、本製品のフレーム部分に施した「水切り加工」は、太陽電池モジュールの表面ガラスに付着したホコリなどを雨水とともに排出することでフレームに汚れが蓄積するのを軽減し、発電量の低下を抑えることができます。

「XLM50-250X」の特長

○特長
1.ホコリなどの汚れを雨水と共に流れ落とし、発電量低下を抑える「水切り加工」
2.設置可能性が拡がる50セルサイズの太陽電池モジュール
3.出力保証25年が標準付帯

関連XPRESS Web