MENU
ニュース 【新サービス「太陽光発電所評価検査」提供開始】のご案内

ニュース

2016年6月28日 プレスリリース

【新サービス「太陽光発電所評価検査」提供開始】のご案内

 当社は、新たなサービスとして「太陽光発電所評価検査」の提供を開始しします。太陽光発電所の図面から現場状況までを検査し、検査結果を総合的に評価して、A~Eの5段階で判定し、評価報告書で報告します。他社が施工した発電所でも対応可能です。

 

  1. サービスの目的

2016 年5 月、通常国会にて「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(通称:FIT 法)」の改正案が成立しました。法改正により、安全性に問題があると判断された太陽光発電所は、行政から指導・勧告・改善命令があります。そして、改善されない場合、設備認定が取り消される可能性もあります。これは、すべての発電所に起こりうるリスクであり、これからは太陽光発電所の安全性を確保・維持することが重要になるため、発電所の安全性を検査します。

  2. エクソルが行う検査・評価項目

エクソルでは厳格な基準に基づき、太陽光発電所の安全性を検査し、評価する仕組みを整えています。「電気」、「基礎架台」、「土木・排水」、「各種申請」、「設計機器選定」の5つの項目について、発電所の図面から現場状況までを検査します。そして、それらの検査結果を総合的に評価して、A~Eの5段階で判定し、評価報告書で報告します。他社が施工した発電所でも対応可能です。

総合評価

  3.太陽光発電所評価検査の流れ

検査の結果、C~Eの判定となった発電所には不具合がありますので、是正が必要になります。不具合のある箇所の是正工事を行うことで、安全性・健全性が確保された正常な発電所となります。その後、適切に、点検・保守を行うことで、長期安定稼働を実現できる正常な状態を保ちます。

評価検査の流れ

 

【プレスリリース本紙】新サービス「太陽光発電所評価検査」提供開始のご案内