MENU

太陽光発電と経済合理性

 

太陽光発電と経済合理性

社会的背景から太陽光発電の設置が求められているとしても、企業が設備投資を行うには経済合理性が高くなければ、大きな負担となってしまいます。しかし、電気を「買って使う」のではなく「創って使う」太陽光発電の方が、既に経済合理性の高い選択肢となっています。


太陽光発電の経済効果

設置した分だけ、電気代を削減

太陽光発電で発電した電気の分だけ、電力会社から購入する電力量を削減することができます。太陽光発電は、一度設置してしまえば日射がある限り追加コスト※1なく発電し続けます。設置条件によっても異なりますが、10年程度※2で電力会社から電気を買い続けた場合の費用が太陽光発電の導入費用を超えます。
つまり、今の建物で10年以上事業を継続する可能性が高い場合、太陽光発電をつけたほうが経済的メリットが大きいのです。

※1 メンテナンスなどの費用はかかります。
※2 補助金、税制優遇等は考慮していません。

 

電気は「買う」よりも
太陽光発電で「創る」ほうが安い

太陽光発電の設置コストは近年劇的に減少しています。25年間発電した場合の1kWh当たりの費用※3は10円を下回ることも多く、一般的な電力会社の高圧向け単価よりも圧倒的に低コストです。つまり太陽光発電を設置することは「最安の電力のまとめ買い」と同じなのです。

※3 太陽光発電システムを導入し、25年間稼働し続けた場合にかかるコスト。システム費用のほか、メンテナンスや機器交換費用を含む。

 

管理は簡単、長期にわたり発電が継続できる

太陽光発電システムを稼働させるには、燃料も操作も必要ありません。日光が射せば自動で稼働し、発電量はモニタなどで簡単に確認できます。また、定期的に適切なメンテナンスを行えば、長期間稼働させ続けることができます。日本国内では、30年を超えて現在も安定して稼働している発電所があります。

 

CO2排出量の削減に、まずは太陽光発電

電力会社から電気を購入する場合、発電により発生したCO2は、電気を使用した企業が排出したものとみなされます。このCO2排出量を削減するためには、再エネによる電気が必要です。電力会社の「再エネプラン」への切り替えや、「Jクレジット制度」などの証書を購入するという選択肢もありますが、通常の電気代に加えて「再エネプレミアム」分の追加費用がかかります。
経済合理性の面からも、CO2を排出しない太陽光発電をまずは自社で導入し、電力会社から購入する電力を削減。その上で足りない分を「プラン変更」や「証書の購入」で埋めるのが、ベストの方法といえます。

 


補助金

地域の防災・減災と低炭素化を同時実現する自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業

避難施設等に定められた施設への災害時にも活用可能な再エネ設備の導入を補助:民間補助率最大2/3

エコリース促進事業

一定基準を満たす、再エネ設備などをリースで導入した際に補助:リース料の総額2-5%

税制優遇

中小企業経営強化税制

生産性を高める設備投資を支援し、稼ぐ力を向上させる取り組みを支援:即時償却又は10%の税額控除

中小企業投資促進税制

生産性を高める設備投資を支援:取得価額の30%の特別償却または7%の税額控除

 

次のページは、太陽光発電システムの長期安定稼働を実現する【エクソルのソリューション】について

前のページへ         次のページへ

お問い合わせはコチラ