MENU
製品・サービス 製品ラインアップ ダブル接着工法NAI-X(ナイックス)

ダブル接着工法NAI-X(ナイックス)

重ね式折板屋根用設置工法 ナイックス

「長期持続性接着剤」と「高機能両面テープ」で、革新的な接着設置を実現。

簡単施工で工期を短縮するダブル接着工法

NAI-X専用金具(裏面)

① 長期持続性接着剤

セメダイン社と共同で開発した長期持続性接着剤です。耐久性に優れ、接着面温度が90℃まで使用できるため、夏場の最も暑い時期でも屋根に設置可能です。

② 高機能両面テープ

柔軟性に優れたアクリルフォーム基材の高機能両面テープです。専用金具と屋根をいち早く固定するので、養生期間を待たずに、太陽電池モジュールの取り付けが可能です。

ダブル接着工法 NAI -X(ナイックス)は、セメダイン社との共同開発による長期持続性接着剤と高機能両面テープを使用した「重ね式折板屋根」向けのエクソルのオリジナル工法です。簡単な施工で工期を短縮することにより、初期費用を抑えられるため、早期の投資回収が見込めます。

穴をあけないから雨漏りの心配なし

屋根への設置トラブルで多いのが、穴をあける施工が原因の雨漏りです。しかし、NAI-Xは、専用金具を接着剤と両面テープで屋根に固定するため、屋根に穴をあける必要がありません。そのため雨漏りの心配もなく、防水処置も不要です。

ダブル接着工法

施工の流れ


① 専用金具裏面に両面テープを貼り、接着剤を塗布したら、墨出し位置に配置
 
② 金具をしっかり屋根面に押し付け接着する
 
③ 押え金具で太陽電池モジュールを固定し完成

設置条件

対応モジュール XLKT-310PK XLKT-260PK、XLMA-271VK CS6Pシリーズ
屋根のタイプ 重ね式折板屋根(88タイプ・150タイプ・S-60タイプ)
地上高 基準風速38m/s以下 地上高8mまで、
基準風速36m/s以下 地上高11mまで
可能(強化施工の場合)
基準風速38m/s以下 地上高12mまで、
基準風速36m/s以下 地上高16mまで可能(強化施工の場合)
塩害 海水のしぶきが頻繁にかかる、
もしくは強風時に海水が
直接かかる地域は設置不可
海岸線から500m以上
(海岸線から遮蔽物がない場合、
現場確認の上決定)
屋根勾配 水勾配~3寸勾配
設置用基準風速 38m/s以下の地域
垂直積雪量 99cm以下 150cm以下(強化施工の場合)

屋根のタイプ

88タイプ・150タイプ・S-60タイプ

設置不可条件

下記条件の場所や状態には設置できません。

  • 設置表面に錆・穴あき・地金の劣化・破損・著しい白亜化などが生じている屋根
  • 著しく老朽化した物件
  • 過度の煙、塵埃などがかかる場所

施工時には、「NAI-X施工ID」保有者の立ち会い、および指導が必須となります。

*継続的な開発および改善などにより、製品・サービスの仕様は予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。

関連製品・サービス