MENU
ニュース 【屋根スペースの最大活用、塩害地域での屋外設置ができる「XL-PSME55L」販売開始】

ニュース

2017年10月17日 プレスリリース

【屋根スペースの最大活用、塩害地域での屋外設置ができる「XL-PSME55L」販売開始】

 当社は2017 年10 月17 日(火)より、システム設計の自由度を高めることで屋根スペースを最大活用でき、塩害地域での屋外設置も可能にしたマルチストリング型パワーコンディショナ「XL-PSME55L」の販売を開始します。

XL-PS-icon

製品のねらい

 「限られたスペースを最大限に活用し、出来るだけ多くの発電量を確保したい」というユーザーニーズがあ りますが、これまではシステム設計の都合上、あえて太陽電池モジュールの枚数を少なくしなければならないことがありました。「XL-PSME55L」は、システム設計の自由度を高めるマルチストリング型なので、屋根スペースを最大限に活用することができるようになります。
 また、従来製品では海岸に近い塩害地域であるため屋外に設置できないという場合もありましたが、塩害仕様の構造なので海岸から50m以内または海水が直接かかる重塩害地域でなければ、屋外に設置できます。
 「XL-PSME55L」は、このようなニーズに対する課題を解消し、ユーザーが求める太陽光発電システムの実現に貢献します。

※ 当社基準に則したシステム設計の場合

 

「XL-PSME55L」の特長

○主なターゲット
・限られた屋根スペースを最大限活用し、発電容量を高めたいユーザー
・塩害地域であってもパワーコンディショナを室内ではなく、屋外に設置したいユーザー

○特長
1.昇圧機能が内蔵され、システム設計の自由度を高めるマルチストリング型
2.設置が困難であった塩害地域でも屋外に設置することが可能に
3.住宅街でも音が気にならない低騒音設計

【屋根スペースの最大活用、塩害地域での屋外設置ができる「XL-PSME55L」販売開始】(PDF)

関連XPRESS Web