MENU
ニュース 太陽電池パネルからの落雪事故防止について

ニュース

2017年1月20日 お知らせ

太陽電池パネルからの落雪事故防止について

例年、大雪が降りますと、屋根に設置した太陽電池モジュール(太陽電池パネル)の上に積もった雪が落下することで、カーポートの屋根、自動車、植栽などの器物の損傷だけでなく、人が怪我をする場合もあります。また、隣接する住宅や敷地に落下した場合は、近隣トラブルに発展することもあります。
そのことについて、一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)からも注意喚起の通知が出されております。通知の内容にご留意頂き、この様な事故防止につき、十分にご注意頂きます様お願い申し上げます。