MENU
XPRESS Web
11546 特集 売電時と見劣りしない経済的メリット

売電時と見劣りしない経済的メリット

FIT(固定価格買取制度)による売電を行わずに自家消費型PVを設置した場合の経済的メリットは、削減できた電気料金になります。FIT活用時は導入費用に対する売電価格の合計によって投資回収年数を算定するように、自家消費では削減できる料金の合計によって算定します。

FIT利用時と自家消費を比較しても、経済的メリットは遜色のない結果に

illust06

上の図は、京都市内に約48kWの太陽光発電を導入し、自家消費した場合のシミュレーション結果です。投資回収にかかる年数は、メンテナンス費用を考慮しても9年で、一般的な太陽光発電システムで売電した場合の投資回収にかかる年数と遜色ない結果となりました。また、シミュレーションは導入時に補助金を活用することを前提としていますが、仮に補助金を活用しなかった場合でも11年程度で投資回収が可能です。

 

システム導入時に活用できる制度

太陽光発電システムを導入する際に活用できる税制度もあります。制度を活用できれば投資効果は高まりますので、税理士に確認して申請などを進めることが大切です。

中小企業投資促進税制

対象 中小企業(資本金1億円以下)、個人事業主、農業協同組合など
内容 設備投資額の100%か30%の特別償却または最大10%の税額控除

生産性向上設備投資促進税制

対象 青色申告をしている法人・個人事業主
内容  設備投資額の50%の特別償却または4%の税額控除


NEXT ZEBを実現する企業 株式会社鈴廣蒲鉾本店