MENU
XPRESS Web
18354基本情報災害時の対応 ~自然災害のリスクと対策~

災害時の対応 ~自然災害のリスクと対策~

近年、豪雨や台風、地震などにともなう大規模な災害が増えており、被害規模も深刻化しています。太陽光発電もこのような災害により破損や浸水などの被害を受けてしまう場合があります。所有している太陽発電システムがこのような自然災害の被害を受けた場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。

 

 

自然災害のリスク

太陽光発電システムが豪雨による河川の氾濫などにより浸水被害を受けた場合でも、太陽光が照射していれば発電します。そのため、浸水した太陽電池モジュールや、太陽電池モジュールから配線でつながっているパワーコンディショナや接続箱などについても、感電の恐れがあり非常に危険ですので絶対に近づかないでください。また、夜間や日没後であっても絶対に近づかず、販売店や施工店、メーカーなどの専門業者に依頼してください。台風や突風の影響で風圧に耐えられず太陽電池モジュールが飛散するケースもあります。この様な場合も浸水同様に、感電の恐れがあり非常に危険ですので絶対に近づかないでください。

※経済産業省 
 水没した太陽電池発電設備による感電防止についてのお願い【感電防止についての概要】はコチラ

 

自然災害時の補償

災害により被災した場合、自然災害補償に加  入していなければ、修理費用をご自身で負担することになります。一方で、このような災害によるトラブルは、補償に入っていれば補う事ができるのです。メーカーごとに、自然災害による損害を補償する制度があります。万が一に備えてお客様の設置されているシステム容量や製品にあった補償プランを事前に確認し、加入することをお勧めします。
当社の災害補償制度では、火災をはじめとする、雪災、雹災、水災、風災や落雷などさまざまな災害を補償しています。また、自然災害による売電損失損額相当を補償する「売電補償付きメンテパック」などの補償制度もご用意しています。

※XSOL災害補償および、XSOL売電補償付きメンテパックは、エクソルを通して調達した機器などに限ります。

 

被災した機器の修理

太陽光発電システムは、さまざまな機器の組み合わせで構成されているため、災害の種類によっても被災事例は様々です。被災した機器は、専門業者での調査が必要不可欠になるため、ご自身では決して触らずに、メーカーや販売店などに必ずご相談ください。また、手抜き工事により起こった被害は、施工基準を満たしている場合と比べても、被害は格段に広がると考えていいでしょう。所有されている太陽光発電システムが施工基準を満たしており、安全に稼働できているか平常時から確認しておくと良いでしょう。
 当社は他社メーカー、他社施工案件の修理やメンテナンスも対応可能な「太陽光発電の専門企業」になります。修理やメンテナンスのご依頼、疑問や質問などご相談も承っております。

 

XSOLメンテナンス、修理のご依頼はコチラ