MENU
製品・サービス 製品ラインアップ 単結晶 マルチバスバー

単結晶 マルチバスバーモジュール

単結晶 マルチバスバー

マルチバスバー技術採用の高出力太陽電池モジュール

発電量、変換効率の向上を実現するマルチバスバー技術

マルチバスバー技術によりセル1 枚当たりのバスバー本数が12本になったことで、発電の際のロスを低減させ、発電量が向上。電力変換効率20.0%を達成しました※1。さらにスネイルトレイル※2 や経年劣化などによるバスバー断線の影響を低減させ、長期にわたる安定した発電を実現します。
また、従来品に比べてバスバーがより細くなったため、セルの黒色が美しく見え、意匠性に優れています。

 

※1 XLM60-325X のみ(2019 年4 月現在)。※2 太陽電池モジュールの表面に、カタツムリが這ったような模様が発生する現象。

 

表面の汚れが流れ落ち、汚れがたまりにくい「水切り加工」を採用

太陽電池モジュールのフレームのわずかな段差に汚れが蓄積し、発電量低下の原因になることがあります。XLM60-325Xなどには、フレームの角に「水切り加工」を施し、雨水とともに汚れを流れ落としやすくしているので、発電量の低下を軽減することができます。

 

 

 

「PERC 構造」の採用により変換効率を向上

モジュール変換効率を高めるためにPERC 構造(Passivated Emitter and Rear Cell)を採用しています。PERC 構造は、パッシベーション膜という絶縁体によりセルの裏面をコーティングし、その絶縁体層が光を反射させることで、光エネルギーを効率的に電気エネルギーに変換することができるようになります。これにより、太陽電池モジュールの変換効率を向上させています。

 

perc_cell[1]


安心の製品・出力保証を付帯

公称最大出力下限値を基準として、太陽電池モジュール出力がJIS C8918で規定する条件下において、当社が定めた経年出力値を下回る場合は、その該当製品を保証の対象とし、代替モジュールのご提供などの補償を行います。 また、設置から10年の間に、設計もしくは製作不良などが発生した場合は、速やかに修理または良品との交換を行います。

fig10

※ 補償内容は、不具合判定の結果により異なります。不具合判定には、当社での出力測定が必要になります。

XLM50-280X

XLM60-325X,XLM50-270X,XLM48-260X

製品・出力保証の詳細はこちら

 

認証

TÜV Rheinland認証

その他の特長

PID耐性

 


製品仕様

品番 XLM60-325X XLM50-280X XLM50-270X XLM48-260X
画像 MBB_48
モジュール変換効率 20.0% 20.2% 19.9% 19.8%
公称最大出力 325W 280W 270W 260W
公称開放電圧 40.8V 34.3V 34.1V 32.9V
公称短絡電流 10.47A 10.76A 10.43A 10.41A
公称最大出力動作電圧 33.8V 28.7V 28.4V 27.6V
公称最大出力動作電流 9.63A 9.78A 9.52A 9.44A
質量 18.5kg 15.5kg 15.8kg 14.8kg
外形寸法 1640×992×35mm 1665×832×35mm 1640×826×35mm 1324×992×35mm
フレーム(色) ブラック ブラック ブラック ブラック
データシート PDFファイル PDFファイル PDFファイル PDFファイル

*モジュール変換効率(%)=モジュール公称最大出力(W)÷モジュール総面積(㎡)× 放射照度(W/㎡)
*太陽電池モジュールの表面の色調が、製造および設置後の経年変化により個々の製品ごとに異なる場合がありますが、発電性能には影響なく、製品異常ではありません。

 


使用済太陽電池モジュールの適正処理に資する情報提供について

一般社団法人太陽光発電協会が定める「使用済太陽電池モジュールの適正処理に資する情報提供のガイドライン」に基づき、化学物質の含有状況を開示しています。

*継続的な開発および改善などにより、製品・サービスの仕様は予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。

関連製品・サービス