MENU
ニュース 台風による水害を受けた太陽光発電システムの取扱いについて

ニュース

2015年9月17日 製品に関する重要なお知らせ

台風による水害を受けた太陽光発電システムの取扱いについて

お取引先各位

株式会社エクソル
品質本部長 由良 光祥

 

平素は格別のご厚情をいただき、心より御礼申し上げます。

 

 さて、先般の台風による太陽光発電システムへの水害の影響が懸念されますが、電気機器のため故障等の確認をされる際は下記の点に十分ご注意ください。

 

 

  • ・絶縁不良のパネルに接触すると感電する恐れがありますので、触れないようお願いいたします。
  • ・作業を行う場合は、感電防止対策を取ったうえで作業を行ってください。
  • ・水没している場合は、感電等の危険性が高いため、不用意に近づかないでください。
    また、ほかの方が立ち入らない様、囲い等を設置するなどの対策を実施してください。
  • ・水没した機器の継続利用は水・汚泥等の影響により漏電の可能性があるため、再利用せず、交換していただくようお願いいたします。
  • ・通電している場合でも、ガラス面の割れ・設置個所の外れや曲がり・内部への水の浸入などの状態が確認された場合は、感電の危険があるため運転を停止し、弊社へお問合せください。

 

   【お問合せ先】

  •      株式会社エクソル お客様相談室
  •        フリーダイヤル 0120-33-1139
  •        受付時間 9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

その他の注意点についてはJPEA発行の「太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について」(添付資料)をご参照ください。

 

以上

 

関連XPRESS Web