MENU
ニュース 【プレスリリース】ダブル接着工法NAI-X(ナイックス)販売開始のご案内

ニュース

2015年1月13日 プレスリリース

【プレスリリース】ダブル接着工法NAI-X(ナイックス)販売開始のご案内

当社は、重ね式折板屋根へ穴をあけずに太陽電池モジュールを設置する工法「ダブル接着工法NAI-X(ナイックス)」を、2015年2月中旬予定で販売開始します。

 

■工場・倉庫の重ね式折板屋根に最適

本製品は、建材に用いられる高機能両面テープとセメダイン社との共同開発による専用接着剤を使用したダブル接着によって、工場や倉庫、屋外型コンビニエンスストア、スーパーマーケットの屋根に多い重ね式折板屋根へ、ネジで穴をあけることなく金具を固定できる太陽電池モジュール設置の革新的工法です。このため、雨漏りの心配が不要になりました。

 

■専用金具の接着面改良による大幅な工期短縮

従来もセメダイン社との共同開発による、初期固定接着剤と長期持続性接着剤を併用した「XSOL 接着剤工法」として、同様のソリューションを提供してまいりましたが、本製品は太陽電池モジュールを設置する際に用いる専用金具の接着面に改良を施しました。初期固定接着剤の代わりに高機能両面テープを採用することで、屋根へ接面させた瞬間から接着強度が発揮され金具をいち早く固定できるため、長期持続性接着剤の強度が得られるまでに必要な養生期間の大幅な短縮を実現しました。

また、高機能両面テープは、柔軟性に優れたアクリルフォーム基材なので、接着面の凹凸を伸縮追従する上、強接着・高耐久・高耐熱といった特長を併せ持つため屋外の接着に最適であり、その性能はJIS Z 1541(超強力両面粘着テープ)1種1号に相当しています。

 

merit_01
 

■屋根を傷めず建物を守る

屋根にネジで穴をあけることなく金具の固定が可能なため、設置時の穴あけ施工が原因となる雨漏りの心配がありません。大切な物品を預かる物流倉庫や、精密な機械を用いる工場などに最適です。

従来は長い剣先ボルトが設置の障害となっていましたが、本製品の専用金具は60mmまでの剣先ボルトにも対応可能です。このため、ボルトの先端を切断するなどの加工をせずとも、未然に太陽電池モジュールのバックシート損傷を回避しています。

また、太陽電池モジュールを屋根の上に設置することで二重屋根構造となり、断熱効果および屋根の保護効果も得られます。

 

merit_02
 

■コストダウン

専用金具をダブル接着工法で取り付けた後、太陽電池モジュールを押さえ金具で固定すれば完成です。簡単な施工で工期を短縮でき、人件費の圧縮を実現。初期費用が抑えられ、早い投資回収が見込めます。

 

 

関連XPRESS Web