MENU
ニュース 【プレスリリース】「XSOL50」災害補償制度拡充のご案内

ニュース

2014年1月16日 プレスリリース

【プレスリリース】「XSOL50」災害補償制度拡充のご案内

当社は、昨年7月のFIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)施行に合わせて、
産業用低圧太陽光発電システム「XSOL(エクソル)50」を発売し、堅調に導入を推進してまいりました。
 

XSOL50は工場や倉庫の屋根、遊休地を対象に、出力10kW以上50kW未満の太陽光発電設備を、
お客様の環境に合わせてパッケージ販売(太陽電池モジュール、ラック、
パワーコンディショナなどをいくつかのパターンでご用意)するもので、
当初より10年間の「動産保険」と「機器保証」を標準付帯しておりましたが、
「動産保険」については補償限度額を改定し「災害補償制度」に名称変更の上、
昨年12月より同サービスの提供内容を拡充いたしました。
 

■新しい補償限度額

<当社にて工事を請け負った太陽光発電システムの限度額>

  • ・10kW以上 12kW未満 450万円
  • ・12kW以上 23kW未満 700万円
  • ・23kW以上 34kW未満 1,100万円
  • ・34kW以上 45kW未満 1,500万円
  • ・45kW以上 50kW未満 2,000万円

<当社にて設備販売のみを行った限度額>

  • ・10kW以上 12kW未満 300万円
  • ・12kW以上 23kW未満 500万円
  • ・23kW以上 34kW未満 800万円
  • ・34kW以上 45kW未満 1,100万円
  • ・45kW以上 50kW未満 1,500万円

 

■幅広い補償対象

  • ・火災
  • ・落雷
  • ・破裂または爆発
  • ・豪雪、雪崩(なだれ)などの雪災
  • ・高潮、土砂崩れなどの水災
  • ・盗難、盗難未遂に伴う悪戯
  • ・台風、旋風、竜巻、暴風、暴風雨などの風災
  • ・建物、設備機器外部からの物体落下、飛来、衝突
  • ・台風、暴風雨、豪雨などによる洪水

 

■災害補償制度の主な特長

  • ①災害に安心サポート、迅速修理

    お客様に代わり、万が一に備え自然災害などによる故障、破損を修理でサポート。

  • ②長期10年間補償

    設置完了日から10年間に何度災害が発生しても補償。
    ※設備が全損した場合は補償が終了となります。

  • ③飛来、衝突から盗難まで幅広く対応

    台風、雷、洪水などの自然災害から、火災、盗難、飛来物などによる損傷までカバー。

 

XSOL50の導入事例
※XSOL50の導入事例
 

 

関連XPRESS Web