MENU
産業用太陽光発電システム オンライン展示会

オンライン展示会

 

「第8回[関西]太陽光発電展 ~関西PV EXPO~」(関西PV EXPO 2020)では、「アフターコロナ時代のエネルギー(電力)革命とは~太陽光発電の主力電源化が日本を救う~」をテーマに、製品・サービスごとに「自家消費ゾーン」、「住宅ゾーン」、「レジリエンスゾーン」に分類して展示したほか、ブース内プレゼンテーションを行いました

本ページは、展示内容やプレゼンテーションの様子を中心に、これからのビジネスに生きる製商品・サービスの情報をお届けします。

 

展示コーナー

プレゼンテーションの視聴はこちら


自家消費ゾーン:全量売電はもう要らない!? ベストチョイス〈最強〉の自家消費はエクソルだけ!!

自家消費モデルは社会情勢、経済合理性の高まりからニーズが増加しています。しかし、導入検討事業者様は「類似の製品やシステム提案が多く、決め手が分からない」、販売事業者様は「FIT モデルと比べると難解な点も多い」など、導入する側、販売する側それぞれが悩みを抱えています。

当社は、そのような事業者様が抱える悩みや不安を解消し、自家消費モデルの導入と販売を全面的にサポートするための、当社だけの製品・サービスをご紹介します。

 

SAVE-1

3つの機能(創・省・蓄)で電気代を大幅削減

太陽光発電システム、蓄電池、空調制御がひとつに。創エネ・省エネ・蓄エネに一括で取り組むことができます。導入が簡単、データ管理が簡単、さらに低価格と、手軽に電力・エネルギー対策に取り組みたい事業主様に最適です。

>> 製品詳細ページはコチラ

 

グリーンチケット

環境価値を経済価値に!!

太陽光発電で発電した電気には、CO2排出量を削減する効果があり「環境価値」と呼ばれます。環境価値を抽出して売買できる「グリーンチケット」を活用し、売却による経済効果の最大化、購入による脱炭素経営推進をご提案できます。


kakudai

 

PPAマッチング

初期費用0円での太陽光発電導入を実現

太陽光発電を第三者の「PPA事業者」が保有することで、イニシャルコスト不要で設置可能となるサービスです。エクソルでは、太陽光発電の設計、施工だけでなく、お客様のご要望に応じたPPA事業者のマッチングも承ります。


ka20_4_ppakakudai

 

X-3

陸屋根専用置き基礎架台

陸屋根に穴をあけず、基礎工事コストを抑えて設置できる「置き基礎架台」です。設置角度が3度と低勾配かつ、波型に並べる「さざ波設置」で、方角による発電量の変化がほとんどありません。

>> 製品詳細ページはコチラ


ka20_6_X-3kakudai

 

アンカー施工

学校や公共施設など耐震施工の必要な施設への設置に最適

アンカーを屋根スラブに直接打ち込むことで耐震性能を大幅に向上させつつ、万全の防水対策を施した施工方法です。

 


kakudai

 

NAI-X

重ね式折半屋根用設置工法

ダブル接着工法 NAI -X(ナイックス)は、セメダイン社との共同開発による長期持続性接着剤と高機能両面テープを使用した「重ね式折板屋根」向けのエクソルのオリジナル工法です。

>> 製品詳細ページはコチラ

ka20_5_NAI-Xkakudai

 


住宅ゾーン:エクソルだけの全棟搭載実現プラン

電気を「買う」より「創る」方が安い時代に変わろうとしている今、当社は住宅屋根への「太陽光発電全棟搭載」の実現を目指しています。

そこで、電気代を削減して“いつもの、暮らしを支える”だけでなく、災害などによる停電といった“もしもの時、大切なライフラインを守る”、そして“すべての家庭を、停電レスに”するために、それぞれのお客様にとって最適な太陽光発電システムと蓄電池を実現するためのソリューションをご紹介します。

停電レス・救

停電のない生活をすべての人に!

お客様のあらゆるニーズに合わせてセレクトした「太陽光発電システム」や「蓄電池」の総称です。
電気代を削減して“いつもの、暮らしを支える”だけでなく、災害などによる停電といった“もしもの時、大切なライフラインを守る”、停電時にも安心な「停電レス」の家を実現します。

>> 製品詳細ページはコチラ


ka20_8_teidenleskakudai

HUAWEI蓄電池システム 4つの特長

ハイブリッド蓄電池システム

HUAWEI社製の新商品、蓄電池システムLUNA2000シリーズ、SUN2000-4.95KTL-JPL1の特長をご紹介しております。


ka20_9_HUAWEIkakudai


レジリエンスゾーン:日本中を停電レスに!?
          地域に寄り添い、地域を救いたい! エクソルからのレジリエンス提案!

災害など長期間におよぶ停電の際に、野立ての太陽光発電所でも自立運転機能により、地域の方々に電気を供給する「給電ステーション」として活用することができれば、太陽光発電所が地域貢献できる非常用施設に生まれ変わります。

太陽光発電所が地域に必要とされるものとなり、発電所の価値を高めるためのソリューションをご紹介します。

 

太陽光発電所を給電ステーションに

太陽光発電所の給電ステーション化を実現する「救電BOX」

給電ステーション化により地域住民にも電気を供給することで、地域のレジリエンス強化に貢献。太陽光発電へのイメージ変化で、地域に求められる発電所となります。

救電BOXは業界初となる、太陽光発電所用の非常用コンセントBOX を製品化したものです。パワーコンディショナの自立運転機能を活用して、停電時に電気の使用を可能にします。


ka20_10_rejibox_1-2kakudai

 

再生可能エネルギー主力電源化~京都府様の取り組み~

京都府再生可能エネルギー導入等促進プラン

京都府における再生可能エネルギーの導入促進に向けた施策、そのための地域共生型の再エネ発電事業の促進に向けた取り組みなどをご紹介しております。

>> 詳細ページはコチラ(外部リンク:京都府ホームページ)


ka20_12_kyotokakudai


プレゼンテーションの視聴はこちら

お問い合わせはコチラ