MENU

X-3 | よくあるご質問

『X-3』とは何ですか?

『X-3』とは、戸建住宅や集合住宅、商業施設、公共施設、工場、などの陸屋根に最適な「置くだけ設置」の太陽電池モジュール専用架台です。3度という低角度により、太陽光の入射角度を気にせず、屋根に合わせて自在なレイアウトで太陽電池モジュールを設置でき、スペースの最大活用(発電量の最大化)を可能にします。

屋根に穴を開けますか?

置き基礎架台のため、屋根に穴を空けずに設置することができます。防水層を傷つけないので雨漏りの心配がなく、屋根の防水保証が切れる心配もありません。

建物の外観は?

設置時の太陽電池モジュールの角度は3度で、高さは23.1cm以下の低角度・低背構造なので、地上から見えにくく、建物の外観を損ないません。

どのような屋根に使えますか?

戸建住宅や集合住宅、、商業施設、公共施設、工場、などの陸屋根ですが、防水仕様により設置できないことがあります。詳しくはお問い合わせください。

インサートロック方式とは何ですか?

当社オリジナルの太陽電池モジュール固定方式です(特許出願中)。
「インサートロック方式」は、モジュールフレームの固定用長穴を支柱金具の突起部が保持しながら、押え金具でフレームを支持金具に固定することで、モジュール同士の連結が一般的な押え金具方式と比べさらに強固になり、耐荷重性能を大幅に向上させることができます。
さらにレールを使わないシンプルな設計なので、トータルコストを削減しながら施工性も向上しました。

さざ波設置とは何ですか?

太陽電池モジュールが全て南方面に向いて整列している設置方法ではなく、2枚の太陽電池モジュールを互いに180度逆方面に向けて配置する方法です。この設置方法で複数枚の太陽電池モジュールを設置したときの外観が、水面の「さざ波」に見えることに由来しています。

さざ波設置にするメリットは何ですか?

太陽電池モジュールの設置角度が「3度」という水平に近い角度のため、「さざ波」設置が可能となり、アレイ間の影を気にせず、間隔をつめて設置することができます。また、太陽光の入射角度による発電量の変化がほとんどなく、建物の立地方位による影響を気にする必要がありません。そのためレイアウトが自在でスペースを最大活用できるので、屋根面積あたりの発電量を高めることができます。

塩害地域は対応していますか?

海水のしぶきが頻繁にかかる、もしくは強風時に海水が直接かかる重塩害地域は設置不可です。

よくある質問一覧へ