MENU
XPRESS Web
10596 家庭用(住宅用) 家庭用(住宅用)太陽光発電導入について

家庭用(住宅用)太陽光発電導入について

 

Print

電気は私たちの生活には欠かせないライフラインのひとつですが、自然災害の多い日本では、災害時に電気が止まってしまうことがあります。そのような時に「自分たちで発電できたら…」と思った人もいるのではないでしょうか。
また、最近電気代が高くなったと感じている人も多いのではないでしょうか。電気代を節約したいからといって、無理に電気を使わないようにすると不便を感じることでしょう。そこで、自宅で手間を掛けずに電気を作ることができる太陽光発電のある生活を考えてみませんか。

家庭用(住宅用)太陽光発電ってなに? 導入するには何から考えればいい?

太陽光発電は、太陽光で自然に電気が作られるので、電気を作るために特別なことをする必要はありません。余った電気は自動的に電力会社へ売ること(売電)もできます。蓄電池を導入すれば、日中に作った臀筋を貯めて夜間に使うことができるようになるので、電力会社に頼ることなく1日の電気を賄えるかもしれません。
photo01太陽光発電を始めるためには、ほとんどの場合は太陽電池モジュール(ソーラーパネル)を自宅の屋根上に取り付けることになります。南向きの屋根が理想的ですが、東向きや西向きでも十分に発電するので問題ありません。
まずは複数の複数の取扱店などに相談して設置場所の提案や見積もりを依頼し、比較検討するのが良いでしょう。

今、家庭用(住宅用)太陽光発電の導入をおすすめするのはなぜか

photo01 まず挙げられるのは経済的なメリットではないでしょうか。電気代が値上がり傾向にある中で、電気を作って自分で使い、電力会社から購入する電力を減らすことによる経済効果は、より大きくなるでしょう。自分で使わずに余った電気は、売ることで直接的な収入にもなります。「使う+売る」だから家計に優しいという訳です。
次に環境・エネルギー問題への貢献が挙げられます。パリ協定など環境問題に対する世界的な動きが加速している中で、一人ひとりが再生可能エネルギーを使うことが、環境問題解決に向けた一歩となります。子供や孫の世代まで環境・エネルギー問題を残さないためにも、太陽光発電を始めとした再生可能エネルギーの導入は速やかに行われるべきことのひとつと言っても過言ではありません。

住宅用導入の流れにういてはコチラ