MENU

CSRの推進

私たちエクソルは、CSRは経営そのものであり、経営理念を具現化するものであると考えています。企業活動が社会へ与える影響に責任を持ち、社会の持続的発展に貢献するために、3つの重点分野を対象に活動を推進しています。

3つの重点分野

1. 環境への取組み

地球環境保全を経営理念とする会社として社会の模範となるべく、従業員一丸となって、すべての企業活動において地球環境の保全に向け最大限の努力をしています。
太陽光発電システムの普及による二酸化炭素削減への寄与、企業活動全般における資源やエネルギーの節約、自社特有の経営資源や得意分野を活用した地域社会への貢献に努めています。

2. コーポレートガバナンス

法令・ルールを守り、企業倫理を重んじて公正・誠実に活動しています。
コーポレートガバナンスの確立を重要課題とし、経営の透明性向上と経営監視機能の強化、専門委員会などによるリスクマネジメント体制の強化、内部統制システムの拡充および運用適正化などに努めています。

3. ステークホルダーとの関わり

企業価値を高め、CSRを正しい方向に推進していくために、ステークホルダーの方々との相互コミュニケーションを重視し、経営に活かしていきます。

お客様

「安心・安全」、「高品質」なサービスの提供を通じて、お客様との信頼関係を構築していきます。

取引先

お客様に安心して当社のサービスをご利用いただくために、お取引先様との良好な信頼関係のもと、お互いの責任を果たし、ともに成長できる関係の構築を目指します。

地域社会

良き企業市民として、地域活性化など様々な方面において地域の皆様と良好な関係を構築していきます。

従業員

自社の企業活動に誇りを持てる従業員の育成に、積極的に取り組んでいます。また、その能力を十分に発揮できるよう働きやすい職場環境づくりを推進します。

株主

企業価値の向上に努め、情報の適正な管理と開示を行います。

CSR<企業の社会的責任>

一般事業主行動計画

エクソルに勤務する職員に対し、仕事と子育てを両立させることができ、働きやすい環境をつくることによって、その能力を十分に発揮できるようにするため、行動計画を策定しています。

一般事業主行動計画

環境への取組み

エクソルは地球環境の保全を重要課題とする社会の責任ある一員として、全ての企業活動を通じて人の健康維持と地球環境の保全に積極的に寄与し、その行動において先進性を維持することを目標として、その達成に努めます。

環境への取組み